FC2ブログ

いろいろまっきー色

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

子育ては自分育て

誰かが言っていたような気がする『子育ては自分育て』をまさに実感するような1日だった。
ヤツ(甥っ子)のわがまま戦争は朝から勃発だ。
さっきまでお出かけモードだったのにお店に行ったら急に「出かけない」って始まった。
私はそれでも構わないんだけどやっぱりジジ&ババ(つまりは私の両親)はハッキリいってお疲れモードなのである。
ま、とりあえず「行かないなら行かないでもいいよ」って言ってみた。

暫くして(ババに言い含められたのか(丸め込まれたのか))「お出かけする」と言ってきた。
寒くない格好をして出発。
近くのJRの駅まではジジが車で送ってくれた。
私は何を思ったかヤツに路面電車を少しでも長く体験してもらおうと(今思うと3歳前の子供には無謀な長旅だった)電車を乗り継ぐ。

・近くのJRから武蔵浦和まで約30分。
→すれ違う貨物列車に大喜びだったヤツ
・武蔵浦和から埼京線に乗って池袋まで約25分。
→出発するまでの間に隣を行き交う新幹線に大興奮だったヤツ
・池袋から大塚まで約3分。
→池袋で埼京線から山手線へ乗り換えるのに階段に苦労したヤツ
※ここで私は「路面電車に乗るのにはここが頑張りどころだ!」と励ましてみた。

ようやく路面電車に乗る事が出来た。
運転席のすぐ後ろは少しスペースがあったので立って特等席状態にまたもや興奮する。
そばに座っていたおばあちゃんと会話。

おばあちゃん:僕、これからどこに行くの?
ヤツ:僕、路面電車に乗るの~。(私が「荒川遊園地でしょ」と囁くが言わない)
おばあちゃん:あれれ、今乗っているのが路面電車だよ。
ヤツ:うん、ゴメン電車だよ。
おばあちゃん:(笑いながら)面白い事言うね~。で、どこに行くの?
ヤツ:(私に再度言われて)遊園地!
おばあちゃん:川のそばだから寒いからね、風邪ひかないようにね。
ヤツ:大丈夫だよ、着てきたよ。

王子駅までおばあちゃんと私とヤツと3人でナンダカンダと会話をしながらおばあちゃんは「私が降りたらお母さんに抱っこしてもらって座りなよ」って言って席を譲ってもらった。
・・・・え、お母さん?
やっぱそう見えるのか・・・・と少し複雑な気分になったが仕方がない、周囲の目もあるので抱っこして座った。

荒川遊園地に行くまでが約300メートルと書いてあった。
流石に長旅でかわいそうだなと思って50メートルくらいのところにあるモスバーガーへ寄る。
ヤツの食欲はピークだった、明らかに「それは食べ過ぎ」と私に突っ込まれてハンバーガー4分の1は私のおなかの中に消えた。
残り250メートルを歩くのに途中に最大級の誘惑がヤツを襲う。
消防車(しかも『はしご車』はヤツの超お気に入り)だ。
ヤツの足は止まった。

家を出るときにババに「消防車はバーチャンからのプレゼント」という事を言われていたのでそのまま伝えた。
何でバーチャンは消防車を売っている事を知っていたのか、多分適当を言っていたんだろうけど当たっていたからビックリ。
そしてそのお店には氷川きよしもロケで来ていた事を知って2度ビックリ。

伝達してヤツは歩き出した。
遊園地に到着した(本当に長かった・・・・(涙))。
入園切符(私のね、ヤツは無料)をかって入園。(速攻トイレに行った)

荒川遊園地は小さいけど好きになりそうな場所だった(私がね)。
ヤツはミニ機関車に乗って(しかも2回)、2往復する電車に乗って、4週する電車に乗って、動かない消防車に乗って・・・・お猿さんを見て、牛さんを見て満足げだった。
暫く駆けずり回って帰ることになった。

ヤツは頑張って歩く・・・・消防車が売っていた場所へ(笑)。
で、手にした先に見えた工事車両の5点セット・・・・。
あっさりババからのプレゼントは工事車両5点セットに変わった。
ミニカーの大きさなんだけど作りは結構良い品物だ。520円は安かった。

お土産を手に歩いて駅へ。
帰りは地下鉄の町屋駅へ出ることにした。
路面電車ともお別れだ。
地下鉄に乗って約25分、運良く町屋の駅から座って帰る事が出来た。
ヤツは・・・・爆睡した。

よく頑張ったよなぁ・・・・。
眠っているヤツに向かって私は心の中で「いつも少し怒りすぎかな?」とか「今日は寝るときにどんな話しようかな」とか「怒ってばかりでゴメンね」って言った。

自分が子供の頃ってどんな子供だったのだろう。
多分、ヤツと大して変わらないだろう。

駅についたらタクシーでお店まで帰ろうと決めていたのでタクシーへ乗る。タクシーの運転手さんが「お土産もって、どこに行ったの?」って聞いてきた。ヤツが「路面電車に乗って遊園地に行ってきて機関車に乗ったの」と話していた。
ちょっと嬉しかった。

子供に付き合うのはパワーが必要だ。
子育てはもっと大変だろう。
私は断片的にしか子供と向き合っていないが親はそうはいかないだろう。
親って大変だなと思った。

ヤツとの闘いは自分との闘いだ。
今日のわがまま戦争は夜10時に一緒の布団に入ってグースカ寝て引き分けとでもしておこうか、それともヤツの勝利にしておこうか。
スポンサーサイト

日記 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。